So-net無料ブログ作成
資格・学び ブログトップ

新制度情報処理技術者試験(秋期) [資格・学び]

 本日は、恒例の「情報処理技術者試験」の受験日でした。
本年度より大幅な制度改定が行われており、秋期に実施される試験区分は「お初」ということになります。

秋期に実施される8つの区分のうち、今回私が受けたのは「システムアーキテクト」という試験。もともとは「アプリケーションエンジニア」と呼んでいた区分ですが、もはや、同業者でなければ何を言っているのか意味不明な肩書きとなっています。(笑)

この区分は、私にとっては不得意な分野。ではなぜこの区分を受験するのかというと、他に受けるべき区分が無いのと、受かった場合に会社から資格手当てが出るという、2点が理由です。(笑)

試験会場は、ここ最近はすっかり定番となっている千葉工業大学でした。道路のすぐ向こう側には、モリシアと習志野文化ホールが見える。なんか最近、津田沼にばかり来てるよな。(笑) ...あぁ、この前のライブの感動を思い出してしまうなぁ。(^^

■ 左はモリシア(上部にうっすらと「サンペデック」の字の跡が(懐))
20091018-1.jpg

まずは午前試験から。新制度では、午前Iと午前IIに分割されている。今年の春期試験(今回とは別区分の試験)で午前はクリアしているので、今回は「午後I免除」の扱いです。なので、会場に到着したのは午前10時過ぎ。

困ったことに、午前Iと午後IIが分割されてしまったために、勉強すべき範囲がよくわからなくなっているんですよね。なので、今回は午前の勉強はほとんどしていない。(笑)  今日の午前II(25問:40分)を受けた感じでは「たぶん大丈夫なんじゃないかなぁ...」という手応えでしたが、結果はどうなんだろう?

昼休み。前回の試験で、「ばくだん大将」というたこ焼きのお化けみたいなものを買って美味しかった気がしたので、今日も買ってみることにした。

■ こんな感じの怪しげな箱に...
20091018-2.jpg

■ ふたを開けると何が入ってるのかわからない状態(笑)
20091018-3.jpg

「さくさくの表面で、中はとろっとしていて熱々で、...とってもおいしいです」(← シルシルミシルAD堀くん風に)
...いや、そんなにおいしくなかった。
この前食べたのは気のせいだったのかな?(^^;

休憩後、午後Iの記述問題(2問:90分)。2問選択だが、どうも問題選択を失敗したらしく、悩んで時間が過ぎて、しかも完答できていないという、悪い結果に終わってしまった。問題によって文章量が大きく違う感じがしたけど、なんかワナにはまってしまった感じだったな。

午後IIは論文試験(120分)。設問ア:800字以内、設問イ:800字~1,600字、設問ウ:600~1,200字というパターン。新制度で文字制限の配分が変わっているのだが、どうも設問ウの書き方がわからない。市販の問題集でも、まだ対策が書かれていませんしね。
例によって時間が足りないので、支離滅裂な文章を羅列し、オチになっているのか怪しい結論を書いて、なんとか終了2分前に文字を埋め終わった。

■ みなさん、おつかれさまでした...
20091018-4.jpg

あー、つかれた!今回も、きっと午後Iで落とされてるよなぁ...。
どうもこの区分は学習意欲がわかない(まったく面白くない)ので、来年の秋は違う区分を受けてみようかなぁ。...不況のあおりで資格手当てが廃止されるかもしれないし、そうなったらもう試験は受けないかも。(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

新制度情報処理技術者試験受験報告(漢字長っ!) [資格・学び]

 本日は、恒例の「情報処理技術者試験」を受験しました。
大幅な制度改定により、今回の試験からは出題形式が大きく変わりました。(同業者の方はご存知ですよね)

 今回は、初挑戦となる「プロジェクトマネージャ」です。プロマネは従来は秋期でしたが、今年度から春期の試験となっています。...いや、ちょっとウソつきました。実は、過去に1度だけ受験したことがあります。何年前かは忘れたけど、パチスロ北斗の拳にどっぷりハマっていた頃です。(笑) あの時はスロ屋に浸っていたので勉強ゼロでした。もちろんやる気もゼロ。(笑) しかし今回は違う。やる気はあったけど、1~3月頃は仕事が忙しくて、勉強する時間を確保できませんでした。...あ、結局ぜんぜん勉強してないから、昔と同じか。^^; でもまぁ、受けるだけ受けてくることにしました。新形式に慣れるため、後学のために、です。

 試験会場は、今回も地元の某工業大学でした。なので、通うのは楽です。わりとぎりぎりに会場に到着。受験者の年齢層は、今まで受けた試験の中で、いちばん高いかも。...私と同じく、アラフォーですかね。(笑) 

 まずは午前試験から。今回から、午前Iと午前IIに分割された。つまり、1次試験~4次試験まであるということ。もちろん、午前Iおよび午前IIで規定ラインに達しない場合は「足切り」となり、以降の試験がまったくムダになるということです。午前の試験は2分割されたのですが、午前I(30問)は一般IT知識、午後II(25問)はカテゴリ毎の専門知識という感じでしたね。たぶん何とかなったんじゃないかと思います(わからんところは適当に答えたけど)。それにしても、50分試験→20分休憩→40分試験 というのは、なんだか間延びしますね。午前だけで足切り回数が2回なので、知識にムラがあると、午前の時点で落ちてしまう可能性が高そうですね。(採点の効率化が狙いなんじゃないだろうか?)

 休憩後に午後の試験。まずは午後Iから。ここでも大幅な改訂があった。試験時間は同じ(90分)にもかかわらず、なんと問題数が3問→2問に削減されました。まさにゆとり仕様。...それでも、勉強ほぼゼロだったので、時間いっぱいいっぱいだった。苦しいながらもいちおう埋めることができたので、試験の最後まで受けきってみることにした。

 午後IIは論文試験(120分)。問ア~ウまで合計で、従来の「2,400字以上」から「2,200字以上」に緩和されている。しかも、設問イ:800字以上、設問ウ:600字以上と、指定条件のパターンが変わっている。どこまでを設問イで書いて、どこからを設問ウに持って来るべきか、よくわからない。....それ以前に、回答内容がどうにも適当すぎるので、まず不合格だとは思いますが。(笑)

 そんな感じで、今回も「やりきった感」はあります。が、実は昨年秋期のアプリケーションエンジニアも午後I:570点で不合格だったしなぁ...。なかなか(自分にとっては)難関なのです。

【おもろかったもの:その1】
教室の後ろに、こんなものが設置されていました。

■出席システム
20090419-1.jpg

今どきの大学は、こんなものがあるのです。そういえばこの大学のシステムは、以前にニュースで紹介されていました。...私が学生の頃は、声色を変えて代返などをしていたりしましたけど(笑)、そういうごまかしができなくなっちゃいますね。

【おもろかったもの:その2】
駅前の広場で、ビジュアル系バンドのゲリラライブに遭遇。思わず立ち止まって見てしまいました。取り巻きの女子高生の踊りが面白かったというのもありますが(笑)、素人の私が見ても、演奏はなかなか良かったです。2曲目の途中で警察が来て、終わっちゃいました。

■"PRIMEADDICT"というバンド。インディーズでは有名なのかも?
20090419-2.jpg

「ビジュアル系バンド」とか「インディーズ」とかって、私が高校生の時に流行ってたんですよね。今はどうなんでしょう。...なんか「若いっていいよなぁ~」と、しみじみとしてしまいました。^^;
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

人事を尽くして天命を待つ [資格・学び]

大仰なタイトルですが、たいした話ではありません。(笑)

日曜には恒例の「情報処理技術者試験」を受験しました。今回はなんと3回目の挑戦となる「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)」です。

■試験会場はサイバーな雰囲気が漂う某大学だった
20080420-1.jpg

はっきり言って、勉強しました。持てる知識は出し切ったつもり。(あ、でも午前試験が微妙な出来だったので足切り食らうかも・・・) あとは結果を待つだけです。過去2回泣かされた試験だったので、あまり結果に期待はしていない。でも、やるだけのことはやったかなと...。

というわけで、今日は疲れました。それではまた。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び
資格・学び ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます